xHP ブログの最新情報

このページでは、最新のブログ記事をすべてご覧いただけます。xHP ブログでは、アプリに関する最新のニュースを読むことができます。

What creates the Shift-Sounds, desperately wanted by many!

ハイパワーカーでクラッチを傷めないためには!?

私たちの5シリーズ B57(530d、540d、M550d)用のマップを詳しく解説!

GM製のトランスミッションをZF製に交換 + xHPを使用 = もっとFun to Drive!

舞台裏を見てみると、現代のTCUはどうなっているのか!

OTSマップをさらに進化させるカスタムモジュールの使い方とは!?

単にトランスミッションを調整するだけではなく、トランスミッションの挙動やドライバーの入力に対する反応のルールを変えてしまうのです!

オートマチックトランスミッションは、エンジンチューンとの相性が悪く、シフトチェンジがうまくいかなかったり、スリップタイムが長くなったり、特定のギアでトルクが低下したりすることがあります。しかし、それはなぜでしょうか?

約1年前にxHPを発売して以来、毎週のようにお客様から同じ質問が寄せられています。「xHPはフラッシュ時にトランスミッションのアダプテーションをリセットしますか?"」結論から申し上げます:いいえ、トランスミッションを完全にフラッシュしてもxHPはアダプテーションをリセットしませんし、リセットされません。つまり、ディーラーでのアップデートの際にもリセットされません。これには理由があります。

xHPのお客様の多くは、オートマチック・トランスミッションにつきものの「もたつき」を解消したいという理由で、私たちのチューンを採用しています。特にディーゼル車の場合、純正では1-3速で大きくスリップしてしまい、適正なエンジンではなく目に見えない「ゴムバンド」に引っ張られているような感覚に陥ります。